忘れられた拉致被害者たち

1969年大韓航空機YS-11ハイジャック事件

19691211日、金浦国際空港行き大韓航空YS-11機は江陵飛行場を離陸して10分後に北朝鮮工作員によってハイジャックされ、目的地から260km以上離れた咸興市近くの宣徳飛行場に強制着陸した。旅客機には乗客46人と乗務員4人、北朝鮮工作員趙昶熙などが乗っていた。飛行機が着陸した空港で趙昶熙を待っている車があったという報道があるが、彼に何が起こったのかは不明である。

2ヶ月後の1970214日、拉致被害者50人のうち39人が板門店近くの自由の橋を渡って韓国に帰還した。しかし乗客7人と乗務員4人、そして航空機自体はまだ行方不明のままだ。朴正煕大統領は、197039日、当時の国連事務総長ウ・タントに旅客機の乗客11人の行方不明に関する手紙を送った。しかし国連は北朝鮮を圧迫する力がないという反応を見せた。代わりに、国際赤十字委員会の支援を受けなければならなかった。

今日まで北朝鮮は残りの11人の拉致被害者たちが自分たちの自由意志で北朝鮮に残ることを選択したと主張している。金大中大統領の太陽政策は2001年の離散家族再会事業へとつながり、無作為に選ばれた参加者の1人がソン・ギョンフイであった。ソン・ギョンフイはハイジャックされたYS-11旅客機に搭乗した乗務員の1人であり、2001年に母親と再会した際、他の乗員はまだ生きており平壌近くに住んでいると述べた。彼女は北朝鮮に到着した日以降、他の拉致被害者たちの姿を見てはいないが、彼らは無事だと聞いたと話した。

2019年は大韓航空YS-11旅客機ハイジャック事件が起きてから50年になる年だ。以下はまだ帰って来ていない行方不明者の名簿である (拉致当時の年齢)

  • ユ・ビョンハ (38) ソウル 龍山、機長
  • チェ・ソクマン (37) ソウル 城北、副操縦士
  • チョン・ギョンスク (24) ソウル 永登浦、乗務員
  • ソン・ギョンフィ (23) ソウル 城北、乗務員
  • イ・ドンギ (49) 慶尚南道 密陽、合同印刷所
  • ファン・ウォン (32) 江原道 江陵、アナウンサー
  • キム・ボンジュ (27) 江原道 江陵、記者
  • チェ・ホンドク (37) 江原道 江陵、病院長
  • イム・チョルス (49) 江原道 楊口、会社員
  • チャン・ギヨン (40) 京畿道 議政府、飲食業
  • チェ・ジョンウン (28) 江原道 原州、韓国スレート

歴史の中の拉致被害者たち

1950625日朝鮮戦争勃発以降、北朝鮮政権は約20万人の民間人と軍人を拉致した。1946年金日成は知識不足の問題を解決するために北朝鮮のすべての知識人を探し出す必要があるだけでなく、南朝鮮の知識人も[北に]連れて来なければならないと言った。多くの大韓民国の国民が朝鮮戦争中に北に拉致されたが、正確な行方不明者数は分かっていない。人権調査委員会は朝鮮戦争当時、北朝鮮軍によって約8万人の民間人が拉致され、数万人の民間人が送還されず抑留されていると主張している。

休戦協定に続き195385日から1223日までビッグスイッチ作戦により、南北間残留捕虜が送還された。国連軍司令部によると、北朝鮮では韓国軍82000人が行方不明と推定された。しかし、この捕虜交換期間中帰順された兵士は8343人に過ぎなかった。このうち13836人が戦死したものと推定され、19409人の兵士は生死が確認されていないまま行方不明になったと推定される。これらの多くは朝鮮戦争以後、北朝鮮の再建のために石炭工場などの工場や農村に動員され強制労働をさせられた。約80人の戦争捕虜たちが韓国に辛うじて帰還したが、他の捕虜はまだ拘束されている。 6人の兵士たちの遺骨だけが韓国に返された。

北朝鮮人権白書によると朝鮮戦争以降拉致事例は少なくとも143件、拉致被害者は少なくとも3835人だ。これらのうち3310人は6ヶ月から1年間抑留された後2000年に帰還した。2000年以降に9人が脱走したが、まだ516人が行方不明の状態である。まだ行方の分からない516人のうち95%は、1955-1977年の間に拉致され1968年だけで133人が拉致された。516人のうち3人だけが、1995年以降に拉致された。

1959年に93千人以上が嘘の約束で、日本から北朝鮮に強制移住させられた。移住して数年経つと、日本にいる家族との連絡が絶たれた。人権調査委員会の調査結果によると、これらの人々の多くは、北朝鮮内の政治犯収容所やその他の収容所に収監され、反人倫的犯罪の対象になった。100人以上の日本、韓国、その他の国の国民が北朝鮮の特殊作戦と情報要員により計画された拉致の犠牲になった。約25人の外国人拉致被害者はヨーロッパ、中東および他のアジア地域出身者であり、すでに北朝鮮に住んでいる他の外国人と結婚させるために北朝鮮に連れて行かれた。

北朝鮮は日本人13人を拉致した事実を正式に認めたが、実際にはそれよりも多くの17人が拉致されたと推定される。北朝鮮による日本人拉致の疑いの事例が450件にのぼると考えられていたが、2002年にはわずか5人だけが帰還した。その後、日本人拉致被害者の生死を確認することができた唯一の方法は、北朝鮮政権が発表した8人の死亡宣言だけだった。これらの主張を裏付けるために、北朝鮮は死亡した日本人拉致被害者の遺骨を含むいくつかの遺品を日本の官僚に渡したが、日本政府は遺骨の身元が把握できず信憑性がないと判断した。