児童強制労働

幼い頃から北朝鮮の教育制度の下で子供たちは強制労働を強いられています。強制労働には農村動員、物品収集、建設事業などが含まれます。収容所と孤児院、救護所の子どもたちも辛い労働の対象となっています。

農村動員は義務的に実施される農場労働を意味し、種まき、草取り、田植え、ヨンヤンダンジの植え替え収穫などを含んでいる。(ヨンヤンダンジ: 腐植土、堆肥、化学肥料と土を混ぜたもの。これに種をまき、ある程度苗が育ったらヨンヤンダンジごと田んぼに植え替える。ヨンヤンダンジ農法は北朝鮮の主体農法の象徴であり、ヨンヤンダンジを作る作業は最も辛い作業と言われている。) 北朝鮮政府は、教育制度を通して学生を動員し、学校と連携した地域の農場に学生を派遣する。農場労働は学校の教科過程に不可欠な要素であると見なされるため、得に報酬が支給されることはない。学生は地域農村動員と長期農村動員に参加する。

長期農村動員

地域農村動員

長期農村動員は一般的に高校生を対象に行われ、学生は義務的に1ヶ月程度農場で生活し仕事をする。春から秋までは仕事が多い時期であるため、学生たちも長期間農場に滞在し仕事をしなければならない。滞在期間は学校ごとに少しずつ異なるが、通常学期半ばに30-40日間行われる。学生たちは、政府(社労省)や学校で指定された地域, または遠方にある農場に行って農村のあらゆる雑務を引き受けことになる。宿泊環境と衛生施設は非常に劣悪である。

地域農村動員は、学生たちが学校と各家庭から近い農場に行き作業を手助けすることを意味する。農場で割り当てられる仕事の種類と程度は、農業の時期とそれぞれの学生の年齢に応じて変わる。しかし、概して仕事は辛く、重労働で時間がかかるものばかりである。学生たちは実際に学校で勉強して教育を受けるよりも農場での無給労働により多くの時間を費やすことになる。

物品収集

政府が学生たちに物品収集を命令するため、子供たちは抑圧的で強制的な児童労働の負担から逃れることができない。収集量を達成することも難しいのに、入手することすら困難な物品の収集まで要求されるため、学生の負担が余計に増える。鉄くずなどの物品がその例である。ただでさえ北朝鮮で手に入れることが難しい鉄くずを10kg以上集めるのは絶対に不可能である。

毎年実施されている「子供計画」(教育と生産労働を結合するという名分のもと学生たちに強要している生産労働に関する計画案)以外にも、政府主導の下学生たちに課される物品収集の項目にはさまざまな種類がある。これらの政府によるすべての収集行為をあわせて「ポチ」と呼ぶ。ポチは広い意味で「事業担当者や関係者たちの業務を分担しノウハウを広め事業を進めることを意味する北朝鮮の言葉」と解釈される。したがって、ポチは子供計画のような収集行為だけでなく、募金活動や政治イベントへの参加、銅像清掃、先軍事業(すべてにおいて軍事を優先する政治思想に基づいた事業)のような社会的、政治的な行事参加なども含んでいる。

David Guttenfelder

農村動員と物品収集のほかにも学生たちは建設事業と金日成、金正日、金正恩の生誕祝賀行事など様々な公演や特別行事などにも動員される。

脱北者の証言によると、学生たちの労働力によって建設されたり建設支援を受けたり、あるいは維持・補修される基盤施設には、住宅、レジャー施設、ダム、鉄道、道路などがある。学校は教職員(通常の場合、校長)の社宅を建てるためにも学生を動員する。学生たちが強制的にやらなければならないその他数々の労働と同様に建設労働も厳しい肉体労働と危険な道具や機械の使用が伴い, これによる深刻な怪我は免れることができない。学生たちは危険な建設労働に参加しなければならないだけでなく、建設事業に必要な建設資材を直接作るか私費で購入しなければならない。

児童の典型的な季節別作業の種類

トウモロコシを植えるウサギの革探し農村動員ウサギの革探し
ヒマワリの種、麻、ひまし、豆の収集鉄道建設の為の草抜き・岩敷き紙くずと鉄くずの収集紙くずと鉄くずの収集
種まき土からレンガを作る収穫戦闘*林業
紙くずと鉄くずの収集ピーカン、ヘーゼルナッツ、ドングリの収集 土壌の運搬
ワラビ採集ハギの皮の収集と除去 炭鉱での石炭拾い

*収穫戦闘がある1週間は、授業がなく労働のみ行う

一般教育以外の児童労働

北朝鮮の収容施設は被収容者の罪名に基づいて差別化されている。思想が不良という理由で収容されると管理所(政治犯収容所)に送られるのだが、ここは政治的犯罪で粛清された人々を閉じ込めておく強制収容所だ。北朝鮮政府はこれらの収容所の存在を完全に否定しているが、存在が知られている北朝鮮の政治犯収容所は5箇所ある。こららの収容所は電気柵と有刺鉄線で四方が閉ざされた「村」の形になっている。多くは12万人の人々が政治犯収容所に監禁されていると推定されるが、受刑者のほとんどは自分が捕まった理由を知らない。特に若者たちに対しては特に残酷な扱いをするが、収容所の管理者は青年たちが不可欠な労働力であることを認識しているがゆえに殺しはしないという。

北朝鮮の子供たちはあらゆる児童労働と収容所に必要な追加労働に苦しめられている。空腹に苦しんでいるにも関わらず、収容所の子供たちは目を覚ましているほとんどの時間にありとあらゆる労働を強要される。学校では子供たちを労働に動員し彼らが果たすべきノルマを割り与える。管理所の外で学校に通っている子どもたちと同様に、管理所内の子供たちもやはり様々な物品を収集しなければならない。収集しなければならない物品には紙ダンボール、アルミニウム、ゴム、ウサギの皮、ガラス瓶などがある。社会の子供たちと異なる点は、管理所の子供たちが収集しなければいけない物品の量がはるかに多いという点である。これは当局が被収容者たちにより厳しい労働を課すことが許されているからである。子供たちは物品収集だけでなく、与えられた肉体労働を完遂しなければならず季節ごとに違った仕事をする。

 

管理所の中は学校がいくつか入るほど大きい。しかし管理所で提供される教育の質は一般社会で提供される教育の質よりもはるかに低い。標準教育課程では学生たちは中学3年と高校3年の課程を経た後、卒業する。管理所は中学教科課程しか提供しない。子供たちが基礎的な教育を終えると十分に学習したものとみなしすぐに子供たちを労働の現場に送る。

孤児院で過ごす子どもたちは厳格な軍隊式の生活環境の下、教養員(管理者)、青年同盟指導員、他の子供たちに常に苦しめられる。救護所は、臨時孤児院と見ることができるが、はるかに劣悪な環境で運営される。救護所で過ごす大半の子供たちが「コッチェビ」出身だ。コッチェビとは路上で物乞いする子供、親が育てることができず捨てられた子供、または中国で捕まり戻ってきたが収容所に収監するにはあまりにも幼い子供を意味する言葉である。政府はこれらの施設が家のない子供たちを保護し管理する施設と主張する。しかし救護所の生活環境は監獄の生活そのものである。

 孤児院救護所
位置咸鏡北道に3つ各郡(地域)に1つ
対象

約200-450 名の子供たち

  • 両親と死別した子供たち
  • 両親の再婚により捨てられた子供たち
  • 両親が管理所に収容されており保護者がいない子供たち

約20-100名の子供たち

  • コッチェビ (家がない幼い物乞いたち)
  • 経済的な理由により家族に捨てられた子供たち
  • 中国に逃げたが、捕まって北に送り返された子供たち
構成
  • 70以上の職員
  • 各クラスに学級委員がいる
  • 全ての学級委員をまとめる学生会長がいる
  • 10名程度の管理者
  • 子供たちの中から、子供たちを管理するリーダーを選ぶ
教育
  • 「学校や軍隊のようだ」
  • 学校で毎日、半日授業を受ける
  • 制服とネクタイが支給される
  • 「監獄や労働鍛錬隊のようだ」
  • 学校と授業はないが、毎日思想教育がある
食べ物
  • とうもろこし粉、稲の根の粉、麺から作った粥、とうもろこしで作ったご飯などが支給される
  • 1日3食支給されるが、いつも量が足りないため、機会を伺っては他の人の食べ物を盗んで食べる(いつもご飯茶碗の1/3程度しか支給されない)
  • カエル、ヘビ、鳥、ネズミなど目につくものは全てとって食べた
設備孤児院の施設は比較的良い全体的に劣悪だ
労働
  • 各孤児院に配分された山や周辺の農場に行って仕事をする
  • 土甓(土で作ったレンガ)制作
  • 先生が持っている個人の畑でも仕事をさせる
  • 日が昇ってから日が沈むまで仕事をさせる
  • いろいろな物資を運ぶ仕事をする(白菜、根っこ、土、石など)
  • 伐採のために遠く離れた山に行く
  • 主に農作業を行う (草取り、種まきなど)
 

 

処罰

大韓民国とヨーロッパ諸国を含めたほとんどの国が規定しているように、北朝鮮も過酷な体罰を禁止する規定を制定した。しかしこの法律がきちんと守られていないため、北朝鮮の子供たちは教師によって虐待され、加害者が処罰を受けることもない。教師は欠席したり、引き受けた仕事をきちんとこなしていない学生を容赦なく殴打する。農村動員未参加あるいは物品収集のノルマを達成できなかった生徒は、教師と他の生徒から資本主義的生活と反動的思想を批判する思想闘争の対象となる。また「生活総和」の時間に同級生から公開的な批判を受ける。生活総和は金日成、金正日、金正恩の教示や「党の唯一的指導体系確立の10大原則」に基づいて自分の考えや行動を反省する会である。生活総和をする間, 特定の学生がクラス全体からの批判の対象となるのである。

クラスメートは生活総和とは別に主に集団いじめを通して互いを訓育する。同級生は貧しい学生を公開的に敵対視する。学生たちのロールモデルである教師がそのように行動をするため、学生たちもそれらの行動が受け入れられると信じているからだ。生活総和は北朝鮮の子供たちが弱者を犠牲とすることに慣れるための制度であるため、友人たちが経験する公での恥辱の経験を同情ではなく無関心で対するように指導し、このような無関心はときに怒りとなりいじめを誘発することもある。

収容された子供たち

収容所に収監された子供たちは暴行と暴言から逃れることはできない。子供たちは人生のほとんどを電気鉄条網に塞がれた息苦しいところに閉じ込められて生活し, ここが本当に良いところだと教えられる。被収容者は奴隷生活同然の虐待と厳しい労働に苦しめられ、家畜と同様の待遇を受ける。時折教師が気分が悪い場合には小さなミス1つで子供たちに暴行を加えることもある。子供たちを罰するのは教師だけではない。失敗した責任は学級委員(学生)に転嫁される。通常教師は学級委員を殴り、学級委員に他の子供たちを殴らせる。

孤児院と救護所

管理者は子供たちが靴をもったら逃げ出すと考え裸足で外で遊ばせる。また孤児院と救護所で子供たちが過度な虐待を受けるのは一般的なことである。孤児院と救護所の従業員は木の棒など手にできるあらゆるもので子供を殴る。

学校、収容所、孤児院は子供を集めて仕事をさせるための場所ということが明らかであるのに対し、児童労働の搾取という目的があまり目立たないところもある。その例が留置場だ。多くの子供たちが学校、収容所、孤児院のような労働を強いられる留置場に送られる。北朝鮮で児童労働が行われる場所は他にもある。高級スキー場で、 雪を整備する大人の横で働く子供たちの姿が捉えられた。 スキー場は機械なしに手作業で清掃するしかない。富裕層がスキーを楽しむ間、子供たちは危険を冒しながら仕事をしている。

集団体操(マスゲーム)

集団体操とも呼ばれるマスゲームは多くの人材が動員される公演だ。最も有名な北朝鮮のマスゲームとしては, 大集団体操と芸術公演アリランがあり、アリランマスゲームまたはアリラン祝祭とも呼ばれる。祝祭の見どころの1つは巨大な人間モザイクでパノラマ、スローガン、アニメーションを作り出すマスゲームである。約5万人の子供たちが色のついたカードを同時に裏返しアニメーションの背景を作るのだが、これらの作業は子供たちにはあまりにも過酷なことであり、練習に6-12ヶ月かかる。真夏の炎天下の中練習していて死んでしまう子供たちもいる。金日成、金正日、金正恩の生誕祝賀行事には全国各地で数多くの公演、記念パレード、史跡訪問、歌と合唱団による公演などが行われる。北朝鮮の子供たちはこれらのイベントにも例外なく動員される。

北朝鮮政府は学校を通じて様々な政治的キャンペーンと行事にも定期的に子供たちを動員する。子供たちはほとんどの祝日と各種記念行事に動員され、数時間にわたり韓国の大統領を侮辱する政治スローガンを叫びながら行進する。

PSCOREが出版した北朝鮮の児童強制労働に関する報告書をここから無料でダウンロードできます