PSCOREの理事長創設者であるキム・ヨンイル氏は、北朝鮮に関する国連特別セッションで講演し、そこで北朝鮮で蔓延している子どもの強制労働について参加者の認識を高めた。国連経済社会理事会に対して特別協議資格を持つNGOとして、私たちは国連人権理事会に報告できることを非常に誇りに思っています。そしてキム・ヨンイル氏の言葉と私たちの努力が北朝鮮の子供たちの搾取に変化をもたらすのに役立つことを願っています。

キム・ヨンイル氏の口頭声明は以下:

 

「ありがとうございます、

まず、北朝鮮問題の改善にご協力いただいた特別報告者のトマス・オヘア・キンタナ氏に感謝いたします。

今日は北朝鮮の子どもの権利の問題を取り上げたいと思います。 UNCRCへの報告によると、北朝鮮政府は学生への無料教育制度を高く評価していますが、実際には政府の最優先事項は、指導者の偶像化と現在の政権を維持する手段への若者の育成であります。

北朝鮮政府の子どもの権利法は子どもの搾取を厳しく禁じていますが、決して実践されていません。毎年、全国の14歳以上の子供たちが、1か月にわたる「農業労働支援」プログラムのために農村地域の農場に派遣されています。

学校やその他の建物の建設など、国のインフラ開発のさまざまな分野で子供たちが搾取されています。最近、いくつかの中国企業も、外国投資を確保するためにヘアアクセサリーやまつげエクステなどの商品を北朝鮮政府に注文している。この細心の注意を払った仕事には、指が小さいという理由だけで子供たちが選ばれます。

政府による深刻な飢饉と人権侵害にもかかわらず、北朝鮮の子供たちは政府によって彼らに掘り下げられた幸福の見せかけを提示しています。北朝鮮政府には、子どもの権利を尊重し子どもたちが本当に幸せになれる環境を作るための措置が講じられることを強く望んでいます。

ありがとうございました。」