人権保護の重要性

国際社会は、脱北者に力を与える上で重要な役割を果たしています。 彼らの証言を聞く多くの聴衆は脱北者の基本的権利を保証するために大規模な行動を奨励します。 脱北者の声が国際機関に確実に伝わるようにするため、国連における北朝鮮の人権侵害についての認識を高めるよう努めています。

2012年、国連経済社会理事会(UNECOSOC)は、非常に権威のある協議資格をPSCOREに認定しました。 それ以来、PSCOREは国連の人権関連のセッションに積極的に参加しています。 私たちは通常、人権理事会が主催する普遍的定期審査(UPR)に参加し、北朝鮮の特別記者および人権調査委員会と協力しています。 さらに、私たちは総会の第3委員会、社会人道文化委員会にも参加しています。

hr-1.jpg

人々の意識を高める

すべての声は私たちにとって重要です。 私たちは毎月、北朝鮮の人々の人権に対する人々の支持と認識を得るための意識向上キャンペーンを開催しています。 延世大学、龍山駅、梨泰院、弘大など、さまざまな場所でキャンペーンを開催しています。 キャンペーン中、私たちは、理事会と文書を通じて、北朝鮮の人権状況について人々に知らせ、北朝鮮の状況を韓国でより認識してもらうための請願書の署名を集め、私たちの活動に対する財政的支援を得ようとしています。 PSCOREは、国連への参加を利用して、ジュネーブとニューヨークでいくつかのキャンペーンを開催しました。

私たちは自分たちの仕事に情熱を注いでおり、北朝鮮で進行中の人権侵害はすべての人にとって重要な問題であると信じているため、支持者の多様化に努めています。 チャリティーロックコンサートを通じて、私たちは活動を支援するための資金を調達し、北朝鮮の人権侵害に対する人々の関心を高めようとしています。

レポートとプロジェクト

hr-2.jpg

国際社会が北朝鮮人の声を忘れないようにするために、私たちは彼らの話を紙面に刻み、世界と共有します。私たちは証言を収集し、人権憲章を通じて分析しています。私たちはそれらをまとめた報告書を韓国語、英語、フランス語で発行しており、北朝鮮の人々の人権の向上を支持する人々の輪を広げるために次の報告書をより多くの言語に翻訳していきます。

証言をより具体的にするために、Googleマップを使用してプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、北朝鮮における人権侵害を文書化しています。このプロジェクトの情報は、北朝鮮の脱北者へのインタビューからPSCOREによって収集されました。インタビュー中に、脱北者は彼らが遭遇した人権侵害について自発的に説明し、GoogleEarthを使用してこれらの事件を見つけるのを手伝ってくれました。共有される情報は当然非常に機密性が高く、すべての識別情報が変更または隠蔽されています。この2番目のプロジェクトによって提示されるのは北朝鮮内の生と死の全体像のほんの一部ですが、非常に重要な情報です。